2021年09月14日

おふくちゃん、片付ける

DSC_1827.JPG
大きくなりかけてた実、枯れてしまった。
寒さか、追肥か。
来年、再チャレンジしようと思う
posted by ユキシロ at 18:09| 大阪 ☔| 猫ひた菜園 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年09月08日

ゴーヤとキュウリと、片付けた

まだまだ雌花もついてたけど、もう成る実も小さいし、と思って片付ける。
キュウリの葉にはアブラムシもついてたし、やっぱ、もう終わりだな。
てんとう虫の成虫と幼虫がいた。
アリガトネ。

レモン、しばらくほってたら、サナギがついてた。
見守ります
DSC_1795-ed8dc.JPG
DSC_1796-321cc.JPG

posted by ユキシロ at 06:00| 大阪 ☁| 猫ひた菜園 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年08月31日

枝豆、採れた

DSC_1738.JPG
3本分。
特に甘くもなく、実入りも少ないが、初めて(厳密には二回目)にしては、まあまあか。

豆類とか、主食になるものは難しい
posted by ユキシロ at 12:00| 大阪 ☀| 猫ひた菜園 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

胡蝶蘭、咲いた

DSC_1735.JPG
お祝いにもらったという胡蝶蘭。
花が終わったら捨てるしかないと思ってたんだが、調べたら、摘芯して養生すればまた咲く、とかあったんで、やってみた。

やり方は、8月2日の「猫ひた菜園」参照

咲いた。
すごい、咲くもんだな
posted by ユキシロ at 09:40| 大阪 ☀| 猫ひた菜園 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年08月22日

枝豆、枯らした💧

DSC_1684.JPG
長雨のため、軒下に避難させていた枝豆。
うっかり水切れさせてしまったよう((T_T))
収穫目前だったので、非常に残念。
あと4本、死守すべし。
posted by ユキシロ at 13:51| 大阪 ☁| 猫ひた菜園 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年08月13日

病気でも害虫でもなく

日焼けなんだそう
posted by ユキシロ at 06:00| 大阪 ☀| 猫ひた菜園 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年08月07日

トマトの根っこ

DSC_1559-d8c15.JPG
深く広く張る。
だから、最低30×30のプランターが望ましい

posted by ユキシロ at 06:00| 大阪 ☁| 猫ひた菜園 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年08月02日

胡蝶蘭の管理

花が終わったら、四節目くらいで切り取り、鉢から出す。
そのまま一回り大きな鉢に植え替える、または根を半分くらい切り取って、同じ大きさの鉢に戻す。
水苔、または腐葉土、培養土でもよい

DSC_1527~2.JPG
花芽が付いてきました
posted by ユキシロ at 13:03| 大阪 ☀| 猫ひた菜園 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年07月30日

金魚水の肥料成分について

以下、『愛知県下水道科学館ビオトープの会』の記事より

池の底にたまった泥→水中で繁殖した植物などの残骸がたまって→
できたもの→栄養分がいっぱい入っているはず・・・
→冬場に日干しして畑に

じゃあどれだけ肥料成分を含んでいるのだ??ということで、浄化センターのU氏に分析してもらいました
【分析結果】
1割弱が有機物
T-N  3.8 %    T-P 0.82 %

ビオトープ池の泥は→
下水汚泥コンポストよりちょっと肥料成分が少ないけど、十分有効な肥料

【結論】
金魚水は乾かして使う
SDGsですな
posted by ユキシロ at 15:00| 大阪 ☀| 猫ひた菜園 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年07月28日

金魚水を畑にまく

“アンモニアがかなり残る(根ぐされしすやすい)ので花や植物には向きません。”


なるほど

posted by ユキシロ at 08:16| 大阪 ☁| 猫ひた菜園 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする