2021年10月03日

小川洋子『人質の朗読会』

DSC_1953.JPG
小川糸、という人の本を探していたんだか。
目当ての本が見つけられず、タイトルに惹かれて手に取ったら、違う作者の本だった。

面白かった。
切ないような良い話、読後に、これを体験した人は、その後どうなったかと想いを馳せようとして、ハッとする。

人質8名、全員死亡

八人分の話のはずなのに、なぜか九つ目の話があって、それがために“全員死亡”のやるせなさが緩和される。
にしても、なぜ、語り手は人質でなくてはならなかったのか。
予想外の設定を創造できる作者、興味わく
DSC_1954-5e1f9.JPG
美しい白鹿の彫像。
ジャケ買いでもあった本

posted by ユキシロ at 14:43| 大阪 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする